【パオジアンex】優勝デッキと回し方を解説

ポケカコラム

更新日:4/15【月】

対象期間:4/8【月】~4/14【日】

シティリーグ入賞デッキ

Pick up

パオジアンex【スタンダード】

画像
4/7【日】バトロコミニ苫小牧バイパス店(北海道) TOP4

テツノカイナや雷エネルギーが入っていない分再現性の点でメリットがあることから根強い人気があるデッキタイプであり、純正パオジアンなどといわれるデッキ。テツノカイナを採用したほうが良いかの良し悪しの判断は環境の傾向で下される。


サポート「暗号マニアの解読」がデッキのシステムと相性がよく、以前よりも小回りの利くプレイングができるようになったもの特徴の1つである。特性【かくしふだ】や【はたらくまえば】で引くのも良いが、「ポケストップ」でグッズを対象に使うのも良い。

プレイングの方針として、相手より先にサイドを2枚取ることを意識したい。もし相手に先にサイドを2枚取ることを許してしまうと、こちらはかがやくゲッコウガのワザ『げっこうしゅりけん』でサイドを2枚取らない限り逆転ができなくなってしまう。

この時、『げっこうしゅりけん』でサイドを2枚取れれば問題ないのだが、もし相手の場がHP100以上のポケモンばかりで構成されていると、細かい説明は省略するが諸々の理由によりこの時点で敗色濃厚。パオジアンは相手より先にサイドを2枚取るデッキであると強く意識して戦う必要がある。

4月15日【月】現在、【リザードン】や【サーナイト】などの少しゆっくりとしたデッキが環境上位にいる。相手の動きが少しでも悪いとそのままゲームを持っていけるだけのパワーがあるため、使用率が増える可能性がある

パオジアンex【テツノカイナ採用】

画像
4/11【木】ドラゴンスター日本橋3号店(大阪)TOP8

ロストバレットやルギアVSTARデッキなどテツノカイナexが刺さるデッキが環境に多く存在するため、パオジアンデッキは主にテツノカイナ採用型が使用されている。パオジアンexの青天井ダメージと「テツノカイナex」のHPが低いポケモンでもサイドを2枚とれる、この2点の使い分けの相性が良く、サイドを最速で取り切ることがコンセプトとなっている【パオジアン】というデッキタイプにマッチしている。

関連する採用カードとして、テツノツツミの採用が増えている。特性【ハイパーブロアー】によってバトルポケモンを流すことでワザ「ごっつあんプリファイ」もしくはワザ「ヘイルブレード」でサイドを2枚以上とれるシーンが多く存在し、想定するサイドプランを容易に実現することに寄与してくれるカードである。

4月15日(月)現在、【パオジアン】の中でこの形が一番入賞数が多くなっている。【ロストバレット】や【サーナイト】を相手をする際に「テツノカイナex」が強く出ることができる点で使用率が上がっている。

パオジアンex【ピジョット採用】

画像
4/7【日】BOOKOFFノースポート・モール店(神奈川) TOP8

ビーダルの代わりにデッキを回すエンジンとしてピジョットexが採用された型。サイドを2枚取られるというデメリットはあるものの、アタッカーであるパオジアンexは元々サイドを2枚取られるポケモンなのでデメリットが薄い。
メリットとしてHPが高く、ワザ【ロストマイン】などでビーダルよりも倒されにくいことと、確実に欲しいカードを持ってくることのできる点が上げられる。

またピジョットexの逃げるエネルギーが0であるため、逃げるためにエネルギーを消費しづらくエネルギー管理がしやすい。

デッキ解説

デッキの特徴と回し方

パオジアンexの強みは水エネルギーをサーチすることができる特性【わななくれいき】が強み。水エネルギーをサーチすることでかがやくゲッコウガの特性【かくしふだ】が使いやすく、【かくしふだ】でエネルギーをトラッシュすることで「エネルギー回収」が使いやすく、1つ1つの行動が次の行動に繋がっているためデッキ全体で圧倒的なシナジーを生み出している。

セグレイブの特性【きょくていおん】を使って手札から水エネルギーを加速(ポケモンにつけること)する。この【きょくていおん】はルールを持つ持たない、水タイプであるない問わずどのポケモンにも水エネルギーを付けることができるので、様々なアタッカーを採用することができるのが特徴。

【きょくていおん】は自分の番に何回でも使える効果であるため、ダメージの上限がないパオジアンexと組み合わせるのがマストである。

ワザは主にかがやくゲッコウガのワザ『げっこうしゅりけん』とパオジアンexのワザ『ヘイルブレード』を使い分けて戦う。

デッキとして「ツツジ」や「ナンジャモ」等の手札の枚数を減らされるカードのは滅法弱いので、それらを使われる想定をいかに膨らませておくかがこのデッキを使う上での重要なポイントとなる。

環境デッキに対しての立ち回り方

リザードンex

主に使うのはパオジアンexとテツノカイナexとかがやくゲッコウガ。
リザードン側は順当にサイドを取り合えば負けるのでベンチの「ビーダル」や「セグレイブ」を狙って満足に攻撃できないターンを作る動きをしてくることが多い。

そのため、パオジアン側は「ビーダル」と「セグレイブ」+「セビエ」はそれぞれ2体ずつベンチに出しておきたい。ポケモンexは場に出してしまうと積極的に狙われてサイドを稼がれてしまうので、できる限り手札で温存し、攻撃する瞬間に場に出すことを意識する。

ルギアVSTAR

主に使うのはパオジアンexとテツノカイナexとかがやくゲッコウガ。
サイドを2-2-2(1-2-3)の3回の攻撃で取り切ることを目指す。「サバイブギプス」がついたポケモンを相手にすると間に合わないので「テツノツツミ」や「ロストスイーパー」は大事に使うことを心がける。ルギア視点、「テツノカイナex」は無視できないため、「ビーダル」や「セグレイブ」などのベンチのポケモンが倒されたくないときは積極的に「テツノカイナex」を動かすと次のターンの要求が下がりやすい。
「かがやくゲッコウガ」のワザ『げっこうしゅりけん』で「チラーミィ」と「ルギアV」のような当て方をしておくと「ルギアV」が進化しても「テツノカイナex」のワザ【ごっつあんプリファイ】でも取れるようになる。

ロストバレット

主に使うのはパオジアンexとテツノカイナexとかがやくゲッコウガ。
できるだけサイドを2-2-2で取りきりたいマッチアップ。こちらの「テツノカイナex」を1回の攻撃できぜつさせるには「フーパex」か「ガチグマ アカツキex」、「トドロクツキex」を使う必要があり、返しにサイドを2枚取ることができる。「テツノカイナex」を出さずに盤面を埋めてしまうとヤミラミのワザ『ロストマイン』を効果的に使われてしまうため、「テツノカイナex」を出すまでは盤面を埋めないよう気をつける。サイドを3枚以下にするときは「ツツジ」が飛んでくる可能性があるので「ビーダル」を2体立てると手札を簡単に補充でき、試合を有利に進めやすい。

ギラティナVSTAR

主に使うのはパオジアンexとテツノカイナexとかがやくゲッコウガ。
基本的には前述の【ロストバレット】と近い考え方で動く。【ロストバレット】と違う点として、「ギラティナVSTAR」が進化ポケモンのため、Vの状態が1ターン生まれるため、【ロストバレット】よりもサイド2を「パオジアンex」でも取りやすい。


「ガチグマ アカツキex」が入っているので唐突に240ダメージを出してくることは警戒しなければならなくなった。

サーナイトex

主に使うのはパオジアンexとテツノカイナexとかがやくゲッコウガ。
「ペパー」から「なかよしポフィン」と「ワザマシン エボリューション」を持ってきて盤面を作る型が主流。「アンフェアスタンプ」+「ワザマシン デヴォリューション」で盤面を崩されることが負け筋のため、「ビーダル」に進化すること、「ふしぎなあめ」を残しながら1体ずつ「セグレイブ」を立てることを意識する。「ふしぎなあめ」が入っていないことが多く、ワザ『げっこうしゅりけん』で「キルリア」を2体きぜつさせることで一気に勝ちまで持っていけることもしばしば。

パオジアンex

主に使うのはパオジアンexとテツノカイナexとかがやくゲッコウガ。
基本的に先にサイドを2枚取った方が勝つ。「セビエ」を3体並べる、並べないなどの意見があるが、そもそも先にサイドを2枚取られている試合はどのようにしても逆転することは難しい。

未来バレット

主に使うのはパオジアンexとテツノカイナex。
先攻2ターン目から「テツノカイナex」や「テツノツツミ」を使ってサイドを2取ることを意識する。基本的にはサイドを2-2-2取れば負けないマッチアップ。
「アンフェアスタンプ」や「ワザマシン デヴォリューション」が入っていることが多いのでしっかりと「ビーダル」を立て、「ふしぎなあめ」を残すことを意識する。

カビゴンLO

主に使うのはパオジアンexとセグレイブ。
「セグレイブ」で攻撃することを意識する。クリムゾンヘイズ環境の【カビゴンLO】は最終的に攻撃してくることが多いので、「セグレイブ」を複数立てることを意識する。「ビワ」で「スーパーエネルギー回収」が複数枚トラッシュされると最終的に「ガチグマ アカツキex」を倒せなくなることがあるので使えるときにグッズは使っておく。


「マンタイン」に対してワザ『ごっつあんプリファイ』でサイドを2枚とれるため、【カビゴンLO】視点でも「マンタイン」を出しにくい。そのためポケモンはトラッシュに送っても問題ないことが多い。

採用カード解説

パオジアンex

特性【わななくれいき】で手札に水エネルギーを2枚加えることができるので、この特性をたくさん使えるような立ち回りを意識したい。エネルギーを2枚手札に加える行動は本来グッズやサポートでやるような行動であるため、【わななくれいき】は破格の特性であると言える。

ワザ「ヘイルブレード」は青天井ワザと言われるダメージ上限がないワザ。青天井ワザには必ず需要があるため、パオジアンは当分環境で生き残れるスペックがある。(環境にはその環境で1番強い青天井ワザを持つポケモンが一種類は生き残っている。)

水エネルギーの残数がものを言うので、山札、手札、トラッシュ、サイドそれぞれどこに何枚水エネルギーがあるか、その行方を把握しておくと良い。

セグレイブ

特性【きょくていおん】にて水エネルギーを加速する。セグレイブがいなければこのデッキは何もできないので優先的に用意しなければならない。

相手もセグレイブを失うと何も出来ないというこのデッキの欠陥を理解して突いてくるため、いつセグレイブが倒されも良いように考えて立ち回る必要がある。対策方法としては、セグレイブを2体用意することやオリジンパルキアVSTARの特性【スターポータル】に頼ることなどが挙げられる。

テツノカイナex

『ごっつあんプリファイ』が雷エネルギーを1枚しか要求していないため、雷(手札から貼る)水水水(きょくていおん)で使用できる。

新レギュレーションになりHPが130を超えるたねポケモンが増加したことから、テツノカイナの採用検討はより慎重に行われる。

カイオーガ

4エネルギーとコストは重たいが、180ダメージを好きな場所に与えられるという優秀な技を持つ。

イキリンコexやミュウexを並べるデッキが環境に増加していることから、環境にマッチしており活躍が期待できる1枚。

かがやくゲッコウガ

特性【かくしふだ】で山札を引いてワザ『げっこうしゅりけん』も使用する。

ワザ『げっこうしゅりけん』は「キャンセルコロン」でマナフィの特性【なみのヴェール】を消してから2体同時気絶を狙いたい。『げっこうしゅりけん』を狙うのが難しければとりあえず【かくしふだ】を毎ターン使ってるだけでも強力。

このデッキは『げっこうしゅりけん』を容易に連発できるため、他のデッキよりもかがやくゲッコウガの放つ圧力が一段と強い。

ネオラントV

特性【ルミナスサイン】からサポートを手札に加えるカードとして使う。サポートは1ターンに1回しか使えない制限があるため、サポートを毎ターン使用するように努めることは戦術の基本である。

「ハイパーボール」からネオラントVを手札に加える。ネオラントVからサポートを加える。

この一連の流れを「ハイパーボールが当たり札になる」と表現すること多い。「ハイパーボール」をサポート(当たり)に変換可能であることからこのようにいわれる。

ちなみにワザ『アクアリターン』を利用して山札に帰る選択肢を取ることも多い。しかしこのデッキは必要なポケモンが多く、相手の攻撃を耐えれるような高耐久のポケモンもいないため、アクアリターン後にバトル場に出すポケモンの選択が難しい。

メタモン

最初の番にバトル場で特性を使うことで、任意のたねポケモンを山札から出すことが可能。「バトルVIPパス」がレギュレーションからなくなったことで、パオジアンやゲッコウガの展開が以前より難しくなった。その代替案として挙がったのが「なかよしポフィン」からのメタモンの案。メタモンからパオジアンに繋げることで従来の展開に近い動きを行うことが可能となる。

オリジンパルキアVSTAR

特性【スターポータル】により瞬時に盤面にエネルギーを供給することが可能。セビエを複数並べられない状況において、パルキアを並べることで安定して技を使用することができるようになる。
また、アタッカーとしても優秀で、水エネルギー2個とコスパ良く高い打点を出すことができ、耐久力もあることから、対面によっては優先的にアタッカー起用していきたい。

テツノツツミ

特性【ハイパーブロアー】によって相手のバトルポケモンを流すことができる。このデッキの強みとして強引に2-2-2というサイドプランを狙えるということがあるが、それを力強くサポートしてくれる。

パオジアンデッキはベンチポケモンを呼ぶ手段も限られているため、ボールから呼ぶことができ、且つ「すごいつりざお」で使いまわすことができるテツノツツミは使いやすい。たまにワザ「れいきゃくジェット」を使用し相手の動きを鈍らせることもある。

マナフィ

先攻2ターン目に「かがやくゲッコウガ」のワザ『げっこうしゅりけん』を使われるとサイドを取り切る速度で負けてしまうことが多く、そのプランがとれる【ロストバレット】が流行したことにより採用率が増加したカード。

かがやくゲッコウガに苦しめられたくないなら採用するしかない。しかし割り切って不採用にしている人も多い。

ピジョットex

システムポケモンの1体。ビーダルとセットで採用されることが多い。確実に欲しいカードを持ってくることができるため、デッキの動きの自由度が高くなる。また、ビーダルと異なりHPが高いため倒されにくく場に残りやすいというメリットがある。


セグレイブと「ふしぎなアメ」を共有できるため、「ふしぎなアメ」の採用枚数を増やすことができる。(本来ふしぎなアメは3枚採用が基本だが、ピジョット採用により4枚目の採用が不自然ではなくなる。本当はふしぎなアメはピジョットを採用せずとも4枚目が欲しいところだが、技術力で補える部分であるため4枚目の採用は見送られている。)

なかよしポフィン

HP70以下のたねポケモンを2枚ベンチにおける。セビエやビッパといったメインエンジンとなるポケモンを簡単に展開できるようになった。また、パオジアンexをはじめHPの高いポケモンの展開はできないが、その弱点を補うために先述のようにメタモンの採用が多く見受けられる。

スーパーエネルギー回収

エネルギートラッシュと引き換えに大ダメージを繰り出すデッキなのでエネルギーを回収するカードは必須である。

HPが280のポケモンVを3体倒して勝利することを想定した場合、300ダメージのヘイルブレードを3回使う必要があり、それに必要な水エネルギーの枚数は15枚。パオジアンデッキは大体水エネルギーが10枚前後の構築が多いので、「スーパーエネルギー回収」の採用は最低でも2枚は必要であることがわかる。

水エネルギー15枚は最速勝利を想定した場合の枚数であり、ゲッコウガの特性【かくしふだ】を併用することやその他不測の事態を考えて4枚採用をおすすめしたい。

キャンセルコロン

かがやくゲッコウガのワザ『げっこうしゅりけん』と「プライムキャッチャー」と併用して使う。

  1. 相手のベンチのマナフィを「プライムキャッチャー」でバトル場に
  2. 「キャンセルコロン」使用
  3. 『げっこうしゅりけん』で2体同時気絶
すごいつりざお

「ポケストップ」でポケモンを巻き込んでしまった場合の復帰札。パオジアンの特性【わななくれいき】でもエネルギーを手札に加えたいため、ワザ『ヘイルブレード』の後で山札にエネルギーを戻して、山札の中にもエネルギーが常に数枚存在するようにしておきたい。

大地の器

テツノカイナの採用がある場合、デッキから雷エネルギーをサーチする手段として用いられる。このカードがあるとサポート「カイ」から雷エネルギーにアクセスできる。

ヒスイのヘビーボール

サイドからたねポケモンと「ヒスイのヘビーボール」を入れ替えることができる。

特にかがやくゲッコウガがゲームに参加できないと特性【かくしふだ】によるドローができないため、デッキの安定感を大きく損なってしまう。

プライムキャッチャー

パオジアンのエーススペックは「プライムキャッチャー」で、採用率は100%となっている。

ACE SPECのカードで、グッズでありながら相手のベンチポケモンを呼び出すことができる破格の効果を持つ。「カイ」や「ポケストップ」の採用によってこのカードに触りやすいパオジアンexデッキではこのカードの力を最大限に生かすことができる。


さらに、相手のベンチにいるマナフィを呼び出しつつ、「キャンセルコロン」を同時に使用することで、『げっこうしゅりけん』を通し相手の盤面を崩壊させることもできる。このコンボは本来「クロススイッチャー」との組み合わせで放っていたコンボであるため、「プライムキャッチャー」1枚で「クロススイッチャー」の4枠の役割をすべて引き継いだ計算となる。

ポケストップ

「仲良しポフィン」や「ふしぎなアメ」、「スーパーエネルギー回収」など、パオジアンデッキにはグッズが多めに採用されているため「ポケストップ」との相性は良い。

ただポケモンやサポートを巻き込む可能性もそれなりにあるため、メリットとデメリットをしっかり理解しておく必要がある。

カイ

水タイプを主軸とするなら是非とも採用したいサポート。セグレイブと「ふしぎなアメ」を手札に加えることで、簡単にセグレイブへ進化することができる。

エネルギーが必要であれば「エネルギー回収」、ボスが欲しければ「プライムキャッチャー」、進化したければ「ふしぎなアメ」など、実質的に「カイ」はデッキの全カードへと変換できる万能さを秘めている。

暗号マニアの解読

任意のカードを山札の上2枚に固定することができる。

手札の枚数が増えるわけではないため、普通のデッキでは使用しづらいカードだが、このデッキではかがやくゲッコウガの特性【かくしふだ】やビーダルの特性【はたらくまえば】、「ポケストップ」などと、サーチしたカードをそのまま手札に引き込むギミックが多く採用されているため相性が良い。

足りないパーツを揃えるうえで大変重宝する。

ボスの指令

相手に「ツツジ」や「ナンジャモ」等を使われると自らの手札回復に必死となるため、基本的に出番が少なく、自分が勝っているときにしか使い道がない。

対戦中に使用するサポートは基本的に「カイ」の連続となるため、手札回復に努めながらベンチの呼び出しもできるように「プライムキャッチャー」が入っている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました