【レジドラゴVSTAR】優勝デッキと回し方を解説

ポケカコラム

更新日:7/15【月】

レジドラゴの立ち位置

ナイトワンダラー環境での立ち位置

リザードンexに非常に有利なデッキであるため、リザードンの普及に伴いシェア率を伸ばしている。

構築変化

7/15【月】現在、リザードンの増加に伴いドラパルトex2枚目、特性【フライングエントリー】のルチャブルの採用がある。ルチャブルはキュレムのワザ『トライフロスト』を防ぐためにマナフィを誘うが、そのマナフィに『ファントムダイブ』で60をのせておくといつでも【フライングエントリー】でサイドを取ることができる。

環境デッキに対する立ち回り

レジドラゴVSTAR【オーガポン型】
【レジドラゴVSTAR】ジムバトル優勝デッキレシピ
サンプルデッキレシピ

オーガポンみどりのめんexの登場により爆発的にシェア率を伸ばしたデッキタイプ。

シェア率が爆発的に伸びた理由の最も大きな要因は現代ポケモンカード最強のワザ『ファントムダイブ』の再現性にある。

ポケモンカードでの再現性とは、意図した現実の実現率を指す。レジドラゴの場合の再現性、その多くは先攻2ターン目の『ファントムダイブ』の実現率のことをいう。
これが圧倒的に本家ドラパルトデッキより高く、『ファントムダイブ』の再現性が評価されたという背景がこのレジドラゴブームの発端である。

VSレジドラゴ【ミラーマッチ】

ゲームの基本的な方針として相手のイキリンコexやミュウex、特性【フライングエントリー】で10乗せたオーガポンexをヒスイヌメルゴンVSTARのワザ『アイアンローリング』で倒すことができた方が有利になる。そのためエーススペックはベンチを呼び出せる「プライムキャッチャー」、負け筋を消すことができる「ポケモン回収サイクロン」どちらも有効にはたらく。

ゲームの考え方の基礎を提示すると、

  1. バトル場のポケモンの飛ばし合いになると先手が勝つ
  2. しかし攻撃はレジドラゴVSTARで行うため、カウンターをされたら育てたレジドラゴVSTARを先に失うのは先手側
  3. 先手側は相手のバトル場のオーガポンexやレジドラゴV等と自分の育てたレジドラゴVSTARをトレードすることとなるため、相手のポケモンを即きぜつに踏み切ることに旨みがない
  4. そしてここでカウンターをされると先手は即2体目のレジドラゴVSTARの用意、更にはかなり無謀に近い要求の高い3体目のレジドラゴVSTARの育成も視野に入れる必要もでてくる
  5. 前項4を満たす戦い方が叶わない以上、何かしらの別ルートで戦う必要がある

という考え方の基礎の元、ヒスイヌメルゴンVSTARの『アイアンローリング』で粘ってお互いに「ボスの指令」を有効に使うチャンスを待ち続けるという構図ができあがる。これは3体目のレジドラゴVSTARを育成することが非常に困難であるため、無傷のレジドラゴVSTARをワンパンする権利を相手に渡してはいけないという意味合いの方が強い。(3体目が育たないことはないが、【レガシースター】で攻めるためのカードを育成に回さなければならないこと、そして【レガシースター】を切ったとしても3体目育成は少し高望みな選択肢だと感じている。)

結論、先手側が『アイアンローリング』で粘る選択をする以上、後手側も応じる他なく、「ボスの指令」でイキリンコ等の負け筋ポケモンを『アイアンローリング』で倒して、『アイアンローリング』を解除することなく勝利までのターンを短縮できた方が勝つという流れになる。この流れを次のステップに進めるなら、かがやくサーナイトの採用があった方が良いと感じた。

レジドラゴミラーは非常に難解で選択肢も多いこと、世の中のミラーの解答がまだ固まっていないことを承知しているため、あくまで自分の体験に基づいて立ち回りを記載する。(参考程度にしてください。)

VSリザードン

1体目のレジドラゴVSTARにサイド3枚ぶんのはたらきをさせることができたら勝つマッチアップ。

レジドラゴVSTARでサイドを3枚取ることができたらオーガポンexでカウンターを繰り返す流れとなる。このマッチアップは2体目のレジドラゴよりもオーガポンexの方が価値が高い。1体目のレジドラゴを作ってしまったら残りのリソースは2体のオーガポンexの育成に注いでしまったほうが勝ちやすい。(かがやくリザードンが出てくるパターンまで相手が粘ってくる可能性があるので、4枚目の草エネルギーをつけることも視野に。そのためリザードンに勝つためにも草エネルギーの採用は最低でも7枚以上を推奨。)

ゲームの方針としてはドラパルトexのワザ『ファントムダイブ』で倒せるポケモンから倒していく。その中でもポッポを狙うとリザードン側が細かい動きができなくなるため、優先的に倒したい。もし倒せるポケモンがいなければマナフィに6個乗せておくとルチャブルの特性【フライングエントリー】で倒せるようになる。
かなり過激だが「ボスの指令」でロトムVを狙うことで、【フライングエントリー】と組み合わせて最短の1ターンで勝利条件のサイドを3枚を満たすことができる。後続が育ちにくくなる、「ナンジャモ」からの手札事故など、リスクを伴うため非推奨ではあるが噛み合わせが悪く出遅れたときはこの手段を用いても良い。

とにかくスピード重視で前半に取れるだけのサイドを取りに行けば、あとはオーガポンexのワザ『まんようしぐれ』を宣言するだけの単純なゲーム展開になる。

序盤にレジドラゴVSTARはリザードン側の1回の攻撃では倒されないため、レジドラゴ側が先に攻撃ができれば負けることは少ない。
気をつけるべきはリザードン側が先攻で、先にサイドを2枚取られるパターン。これはイキリンコexやミュウex、オーガポンex(マキシマムベルト付)を攻撃されると先にサイドを2枚取られてしまうので、できる限りレジドラゴVで攻撃を受けて相手にサイドを渡さないように努めたい。

かなりのハイスピードゲームになるため、リザードン側がゲームについてこられないことが多い。特にナイトワンダラー環境のリザードンデッキは、ことレジドラゴ戦においてはヨノワールラインがすべてノイズとして乗っているため、手札の充足という観点においてもレジドラゴ側のスピードに満足に対応することは難しい。

VSドラパルト

ドラパルト側がレジドラゴVSTARの2体取りを狙ってくる。相手がレジドラゴを2体取りを完遂するか、こちらが先にアタッカーを枯らすかのいずれが速いかのマッチアップ。

レジドラゴ側はエネルギーがついたドラメシヤとネイティを『ファントムダイブ』で倒すことを目標に全力で回す。むしろレジドラゴ側のこのプランが通るか通らないかがこのマッチアップの全容と言っても良い。

ドラパルト側が先に全部進化してしまうと『ファントムダイブ』の効きが悪い。おまけにこちらは『ファントムダイブ』に弱いポケモンしかいないため、序盤に仕留めきれなければ耐久力の差で逆転される。本来2進化デッキにしては『ファントムダイブ』+『デヴォリューション』で攻めるのが定石であるが、レジドラゴデッキに『デヴォリューション』の採用はできないため、ドラパルト側がたねポケモンを進化してHPを底上げするたびに勝利からどんどん遠ざかってしまう。

特にドラパルト側に「まけんきハチマキ」の採用があった場合は最悪。2回の『ファントムダイブ』でレジドラゴ2体が倒されてしまう。(前230、後ろのドラゴに60、次のターンボスの指令で同じことをやる。)レジドラゴ側は相手のドラパルトex1体に蹂躙されて継戦能力を失う。

VSサーナイト

サーナイト側の動き出しが遅いため、対戦内容はほぼ毎回同じ展開となる。このマッチアップのキーポイントを一言で言えば、レジドラゴ側がいかにリソースを温存して動き出すことができたかというゲームになる。

序盤は『ファントムダイブ』を連発する。そしてサーナイト側が動き出すタイミングで『アイアンローリング』か『おんみつひこう』に切り替える。

ここで『アイアンローリング』(又はおんみつひこう)を宣言されるとサーナイト側はバトル場のレジドラゴVSTARを倒すことができないため、ベンチポケモンを狙うしかない。

サーナイト側がベンチポケモンを狙う手段は2つ。

①.サケブシッポ(フワンテ)でミュウexやイキリンコexを狙う。
②.サーナイトexの『ミラクルフォース』でオーガポンexを狙う。

①の場合は「ボスの指令」から『ファントムダイブ』で切り返す。②の場合は『きょくらいごう』で切り返す。このマッチアップはこのドンピシャの切り返しができるかに全てが詰まっている

冒頭の、リソースを温存して動き出すことができたか、というのはここに集約されている。①は「ボスの指令」、②は『きょくらいごう』で使ったエネルギー復帰カードを必要とする。つまりこの必要カードを手札に握っている確率を少しでも上げるためにも序盤のリソースの温存が鍵となる。(このタイミングまで【レガシースター】を温存することができるのが最も良い。)

この切り返しが成功した時点でレジドラゴ側はサイドを4枚以上取得しているところまでゲームが進んでいることが多いため、2体目のレジドラゴVSTARで『アイアンローリング』を連発すれば勝ち。というのがこのマッチアップのおおまかな流れである。

VSタケルライコ

オンバーンexのワザ『おんみつひこう』を駆使して勝つ。「ポケモン回収サイクロン」でベンチポケモンを回収して、ベンチが0体の状態でレジドラゴVSTAR単独で『おんみつひこう』を成功させるが速いか、相手が先にサイドを取り切るのが速いかゲームとなる。

タケルライコexを1回の攻撃で倒す手段を持っていないため、単独『おんみつひこう』以外のプランではほぼ勝ち目がない。(きょくらいごう等で倒せるが、レジドラゴVSTARとタケルライコexの交換をしてしまうとレジドラゴデッキが3体目のレジドラゴVSTARを用意できない都合上、殴り合いルートでは必ず殴り負ける。殴り合いを挑むならば、かがやくリザードンやガチグマアカツキexなどを採用して元々殴り合いをする予定で構築を組んでおかなければならない。)

タケルライコ側にオーガポンいしずえのめんexが採用されていたら単独『おんみつひこう』を決めたとしても打開されしまう。しかしそれを気にしたところで何か特別な手段があるわけでもない。その場合は相手の構築を称賛。

レジドラゴVSTARで単独『おんみつひこう』を成功させるには自分はベンチポケモンを4体までしか出してはいけない条件がある。(相手に倒されて2体、ポケモン回収サイクロンで1体、レガシースターでポケモン回収サイクロンを再度使用して1体の計4回でベンチポケモンを処理してレジドラゴVSTAR1体のみにする。)
ベンチの5体目を出してしまうと「ボタン」や「フトゥー博士のシナリオ」が追加で必要になる。

VSパオジアン

パオジアン側はセグレイブがいなければ何もできないため、セグレイブラインを1ターンで一掃することを目指す。

パオジアン側にはベンチを呼び出せる回数が限られているため、オンバーンexのワザ『おんみつひこう』が通る。この『おんみつひこう』を駆使しながらセグレイブラインを一掃できるタイミングを待つ。

ただ上記は劣勢であった場合の話で、もし先に攻撃ができるならば、やや殴り負ける不安は残るがセグレイブ一掃を狙わず『ファントムダイブ』で果敢に攻めた方が良い。
その理由まず1つ目、セグレイブラインが全滅すると見越したパオジアン側がやられる前に水エネルギーをすべて盤面に残してきた場合を警戒したい。これをされると『ファントムダイブ』でセグレイブラインを一掃した返しでも水エネルギーが盤面に残っているため、【きょくていおん】を使わず『ヘイルブレード』でダメージを出すことができる。パオジアン側も多大なリソースを失うリスクを背負っているが、ヘイトをパオジアンexに集めることで間接的にセグレイブを守る非常に上手な立ち回り。

2つ目はテツノツツミの特性【ハイパーブロアー】を警戒したい。『おんみつひこう』が解除されてしまうため相手の「ボスの指令」の枚数によっては『おんみつひこう』が全く刺さらず負けてしまう可能性がある。

セグレイブラインを一掃することは魅力的な攻め方だが、【きょくていおん】の使い方とリソースの残し方次第では乗り切られてしまうため、ビーダルを狙ったほうが良かったと後悔するパターンもある。このプランの選び方はパオジアン側の練度の高さで左右される。

つまり要点をまとめると
1.セグレイブラインを一掃したい
2.しかしこれは相手の力量次第でクリアされる
3.だからといって単純に殴り合う展開は不利寄り

VSロストバレット

ロストバレット側が「アクロマ」を冠するカードを使用するため、キュレムは直に場に出してそのままバトルに参戦させるのが良い。

ルチャブルの特性【フライングエントリー】でマナフィにダメカンをのせ、毎ターン『ファントムダイブ』できぜつさせる。ロストバレット側はキュレムのワザ『トライフロスト』による3体きぜつを防ぐために毎ターン「すごいつりざお」や「夜のタンカ」でマナフィのリカバリーをしなければならないため、面倒な要求を突きつけながらゲーム進めることできる。

VSルギア

お互いの理想展開をぶつけ合うならルギア側が勝つゲームになる。

「レガシーエネルギー」や「ミストエネルギー」、「Vガードエネルギー」とレジドラゴ側の計算をズラす手段のオンパレードであるため、対戦のテンプレを提示することが難しい。

『ファントムダイブ』の通りが悪いため、ワンパンワザでサイドの有利トレードをしかけていかなければならない。しかし『ロストインパクト』を耐えるための「Vガードエネルギー」や、チラーミィを守るための『ミストエネルギー』など、ルギア側は後出しでレジドラゴ側の攻撃に対応することができ、引き出しの多さでルギアに軍配が上がる。

とりあえず、チラーミィが待機していると『スペシャルころころ』でレジドラゴVSTARを倒されてサイドの有利トレードが発生するため、チラーミィはキュレムのワザ『トライフロスト』で一掃するという前提からバトルはスタートする。ルギア側は当然それを警戒しているので、チラーミィを出す、出さないの微妙な駆け引きを持ちかけてくる。

ただ聞き及んでいる通りルギアデッキは安定性が欠ける。実際の対戦はルギア側が2.3ターン遅れてゲーム開始という展開が多分にあるため、アーケオスが出てくる前にサイドを稼いで押し切る展開も珍しくない。

入っているカードだけでアレコレ比べるとレジドラゴ側は手も足もでないが、100回も対戦すると案外いい勝負をするのではないだろうか。

デッキ解説

デッキの特徴と回し方

レジドラゴVSTARのワザ『りゅうむそう』を使ってトラッシュのドラゴンポケモンのワザを使い分けて戦うデッキ。レジドラゴVSTARはリリースされてからかなりの期間が経つが、ワザの要求エネルギーが重く、第一線で活躍することは難しかった。(ドラゴンポケモンのワザも弱かったというのもある)

そんな中、変幻の仮面収録のオーガポンみどりのめんexの特性【みどりのまい】によりエネルギーを供給する手段を得て爆発的に普及した。

回し方はとにかく速攻。手張り+「エネルギーつけかえ」を駆使してレジドラゴVSTARを2ターン目から攻撃に移行させる。あらゆる状況に合わせてワザを選択することができ、速攻デッキでありながらも柔軟性も兼ね備えている。ただ、基本的にはドラパルトexのワザ『ファントムダイブ』が最強。より良いワザがあれば、『ファントムダイブ』以外を選ぶという考え方で立ち回る。

レジドラゴデッキは特性【レガシースター】の影響もありリソースの切れ方がハンパではないため、レジドラゴVSTARの3体目を育成することはできない。レジドラゴVSTAR×2体と、オーガポンex×1体でサイド6枚の取り切りを目指す。

採用カード解説

ポケモン回収サイクロン
  • たねポケモンexに対して単独『おんみつひこう』に貢献
  • 入れ替えカードとして使用
  • 負け筋を消すために回復カードとして使用
  • スタートしてしまったキュレムやタケルライコexを回収。等

「このポケモンが手札に戻って回復した瞬間負け」や「単独おんみつひこうで負け」等の多く場合は詰み盤面を作ることに貢献する。

プライムキャッチャー

1ターンに詰め込むことができる情報量を増やすことができる。特に先攻2ターン目に「プライムキャッチャー」+ルチャブル特性【フライングエントリー】+『ファントムダイブ』は最強。これを食らって戦闘を継続できるデッキは少ない。

「ポケモン回収サイクロン」と比べてどちらが良いかと聞かれると非常に甲乙つけ難いが、個人的には「プライムキャッチャー」の方がレジドラゴデッキの良いところを引き出せているように感じる。

チャンピオンズリーグ等の大規模体感ならば、不測の事態に備えて「ポケモン回収サイクロン」で理論武装を施す用に使い分けると思われる。(未来の環境なので詳細は不明だが、自分ならそのように使い分ける。)

オンバーンex

ワザ『おんみつひこう』でたねポケモンからのワザのダメージを防ぐ。

この『おんみつひこう』のワザのダメージを防ぐ効果はベンチに下がってしまうと消えてしまうため、多くのデッキは「カウンターキャッチャー」+「ボスの指令」で『おんみつひこう』の効果を消すことを企てる。しかし「ポケモン回収サイクロン」でベンチポケモンを0にしてしまうとこの効果を解除する手段はない。詰み盤面を形成することができる。

オノノクス

『アックスダウン』は、多くの場合はドラパルトexの「ネオアッパーエネルギー」を咎める手段となる。ルギアデッキも特殊エネルギーが多いため有効だが、「ミストエネルギー」がついていると効果がない。

実は『りゅうのはどう』の方が使うことが多く、ポケモンVやたねポケモンexをコスパよくきぜつさせることができる。(ギラティナV、ルギアV、パオジアンex等)

レジドラゴデッキは200ダメージ以上を出そうと思った時は『きょくらいごう』か『ロストインパクト』のいずれかしかないが、どちらもエネルギーを消費する。『ファントムダイブ』より強く使える場面は少ないが、『アックスダウン』以外の使い道があることも覚えていた方が良い。

キュレム

2進化デッキに対して序盤にマナフィ置きを強制させるカード。場合によっては2ターン目に実質決着となることも多い。

序盤に①特性【レガシースター】を温存できている、②ベンチにマナフィが出ていない。この2つの条件を満たしているなら『トライフロスト』で押し切れる。エネルギーをすべてトラッシュしてしまうため、その後の「ナンジャモ」には要警戒。(【レガシースター】を温存できているかどうかはこのナンジャモを警戒している。)

ドラパルトex

レジドラゴブームを作ったキッカケ。ポケモンカード屈指のワザ『ファントムダイブ』を持つ。
なぜ『ファントムダイブ』が強いかというと、ダメージの効率が良いから。

例えば『きょくらいごう』で350ダメージでワンパンしたとしても1度に取得できるサイドは最大で2枚。しかし『ファントムダイブ』は1回の攻撃で2枚、3枚、噛み合わせによってはそれ以上を1ターンで取得することができる。

この1ターンで取得できる、というのがポイント。1ターンで一気にサイドを取ることによって「ナンジャモ」や「ツツジ」で手札の枚数を少なくさせられずに済む。相手ポケモンを同時にきぜつさせるというのは、相手が逆転のために行う有効的な手札干渉の回数をそれだけ削っていることになる。

この類まれなるダメージ効率の良さが評価されて『ファントムダイブ』は現代ポケモンカード最強のワザと評価する人も多い。

タケルライコex

青天井ワザ要員。『きょくらいごう』で行う純粋なワンパン。レジドラゴデッキはエネルギーの復帰手段がないため、『きょくらいごう』はフィニッシュワザとなる。

ただし、タケルライコexでスタートしたら面倒なことや、そもそも終盤には『きょくらいごう』を使うまでもなく白黒ハッキリしていることが多分にあるため、採用を見送る人も多い。

ギラティナVSTAR

『ロストインパクト』で280ダメージを出す。ポケモンVSTAR、特にミラーマッチで役に立つ。タケルライコexと役割が似ているためどちらか1枚が選出されることが多い。

ロストゾーンが10枚溜まっていないため『スターレクイエム』を使うことはできない。

ヒスイヌメルゴンVSTAR

『アイアンローリング』で相手のワザを軽減する。HP満タンの状態で宣言すればワンパンされることはそうそうない。レジドラゴ自体がHP280とそこまで耐久に優れていないため、場持ちを良くすることができる。

ただレジドラゴデッキはベンチが相当弱いため、『アイアンローリング』を宣言してもベンチポケモンを狙われるだけのことが多い。

コライドンex

ギラティナVSTARと同じく280ダメージを出すポケモンとして選択肢に上がる。ただこちらは自傷の6ダメージが重い。少し試した感じ具体例を挙げると、ミライドンデッキ対して『フォトンブラスター』圏内に入るため、バトル場のポケモンを倒して勝負したい時に扱いにくい印象であった。(他ブラッドムーンなど)

ポケモンカードではHP220とHP280の間にはかなり具体的な境目がある。自らHP220ラインまで降りていくのは相当なデメリットだと感じた。

コメント